戦略を見守る

時に企業の戦略っていうのはちょっと理解しがたいことっていうのはあるかと思います。企業としては大まじめにやっているつもりでもそれがまったく理解出来ないっていうことは十分にあって、仮に成功すれば後から称賛されるわけですが、失敗すればやっぱりねと言われる難しいところだと思います。日本はあまり変化を好まないことが多いような気がするため、特に奇抜な戦略っていうのが批判されがちなのではないかと思いますが、そんな批判にさらされているのが日本を代表する自動車メーカーであるトヨタのようです。トヨタが今回発表したのはショッキングピックのクラウン。どうやらイメージを変えることと女性のお客さんを取り込むためのカラーリングだということですが、業界からは大半が批判的な声が上がっているようです。中には売れないと言う声まであがっているということで、このトヨタの戦略が上手くいくのかどうかっていうのは今後、多くの人が見守るのではないかと思います。